防府市中小企業サポートセンターCONNECT22(コネクト22)

NEWS

お知らせ

二次募集の締め切りは9/15!  防府市地域産業促進事業補助金 申請書の書き方のポイントをまとめました


コネクト22・情報発信担当の岡村です。

 

 

 

8/14(金)に
防府市地域産業促進事業補助金の一次募集が締め切られました。
コネクト22にも、申請書作成のため相談に来られた事業者様が多く来所されました。

 

8月上旬には、
「申請したいけど、条件に当てはまりますか?」
「補助金があると聞いたけど、補助額はいくらですか?」
など、電話でのお問い合わせも多くなり、
コネクト22がある銀座商店街で古くから事業をされている方が
「話を聞いたけど分からないから教えて欲しい。」と来所されるケースもありました。

 

 

今までは、補助金に対して「難しそう」「よくわからない」と思われていた方も、
制度の要件の緩和や採択率の向上が図られており、
同業他社から「補助金を活用してこんなことをしたよ」というような話を聞く機会が多くなっていることから、
補助金にチャレンジされる事業者様が非常に増えてきた印象があります。

 

防府市地域産業促進事業補助金は、9/1~15まで、二次募集を行っています。
「一次募集に間に合わなかった」、「補助金があることを知らなかった」という方は、
ぜひ二次募集に応募ください。

 

 

そこで、9/15の二次募集の締め切りに向けて、
申請する際に一番の悩みとなる「申請書作成」のための要点をまとめ、ブログで紹介することにしました。


≪目次≫
『防府市地域産業促進事業補助金』とは?
1.誰をターゲットに、どのような業務をしてきましたか?
2.自社の強みと弱みを明確化しましょう。
3.新型コロナウイルスにより、どのような影響を受けましたか?
4.影響を受け、どのように対応していきたいと考えていますか?

 

 

『防府市地域産業促進事業補助金』とは?

まず、
『防府市地域産業促進事業補助金』って何?と
疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に説明します。

防府市内に事業を有する法人又は個人の方を対象に、
・新商品開発・新技術の導入
・既存商品、販売方法の改善、新たな需要の開拓
・新たな働き方の導入
など
新たな取り組みによって、新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えようとする方たちを支援する補助金
です。

 

また、感染防止対策を行った方にも、その経費を補助するものもあります。
「一般枠」と「事業再開枠」とで分かれます。

 

一般枠とは、
新商品開発、新技術の導入、既存商品、販売方法の改善、生産性の向上を図るための
事業活動に必要な経費の一部を補助するもので、補助額は、上限60万円(補助率 3/4)です。

例えば、コロナの影響を克服するため、新商品開発のために80万円のものを購入したら、
60万円補助金で支払うことができるというイメージです。

 

事業再開枠は、
コロナウイルスの感染拡大を防止するために行う
事業所の衛生対策に必要な経費の一部を補助するもので、
補助額は、上限30万円(補助率 3/4)です。
例えば、透明アクリル板等の設置や、非接触型自動水栓(蛇口)の設置や
トイレの洋式化などに40万円の経費が掛かったら、
30万円補助金で支払うことができるというイメージです。

詳細は、コネクト22のHPにも掲載していますので、ご覧ください。
(詳しくは → コチラ

 

申請するために必要な書類は、以下3点になります。

・交付申請書
・直近の確定申告書第一表の写し ※受付印のあるもの
(創業者の場合は、開業届の写し)
・青色申告決算書、売上台帳などの売上減少を証明する書類の写し

補助金の申請が初めての方の中には、
申請書の作成はハードルが高い、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、
ポイントをしっかり押さえてしまえば、そこまで難しいものではありません。
コネクト22でも申請書作成サポートをしておりますので、ぜひご相談ください。

 

では早速、一般枠の申請ポイントを説明しましょう。

 

 

1.誰をターゲットに、どのような業務をしてきましたか?

申請書には、「事業計画」を記入する項目があります。
ご自身の事業内容、顧客ニーズと市場の動向などを書いていくのですが、
ここで最初に止まってしまう方も少なくないかもしれません。

 

以前、とある補助金を申請された事業者様が、
「自分がやってきた事業を文章化する機会がなかったから、
書きなさいって言われてもピンと来なくてすごく悩んだよ。」
とお話されていました。

 

日々の業務に追われ、自身の事業を見直す機会がない方も多いのではないでしょうか。
そんな方にとって、申請書の作成は、
事業を見つめ直すきっかけになるかもしれません。

 

誰をターゲットに、どんな市場ニーズに応えるための事業をしているか、
説明ができるようにしておきましょう。

 

 

2.自社の強みと弱みを明確化しましょう。

「SWOT分析」という言葉、ご存じですか?

 

図のように、
「内部環境」と「外部環境」のメリットとデメリットを浮き彫りにすることで分析を行う方法を
SWOT(スウォット)分析といいます。

 

今回の補助金の申請書には、
「自社の強み」「自社の弱み」を記入する項目があります。
優れている点や他社にない点を強みとし、困っている点や克服したい点を弱みとします。

 

例えば飲食店だと、強みは
●料理人としての経験、知識
●地元の新鮮な野菜を提供、地産地消へのこだわり
●防府市に1店舗しかない○○の店

反対に、
●新型コロナの影響で売上が減少、来客者数も減少
●2名体制で営業しているため、どちらかが事故や病気をした際に臨時休業せざるを得なくなる
●設備の老朽化
は弱みに該当します。

 

1.2ともに共通するのは
『ご自身の事業を振り返り、見つめ直す事』です。

 

最初は、
「そんな事言われても思いつかない、分からない。」
と相談に来られた方も、
話をお聞きしていく中で、
「それです!それが強みです。」と
会話の中で発見できる事が多いです。

 

コネクト22で、ぜひお話をお聞かせください。
一緒に話をする事で、見つかるものがきっとあります。

 

 

 

3.新型コロナウイルスにより、どのような影響を受けましたか?

1と2のポイントが終わったら、
次はいよいよ、今回の補助金の本題となる項目です。

 

新型コロナウイルスの感染拡大により、
どのような影響が出たのかを書いていきます。

 

箇条書きで構いません。
自分なりに考え、分析し、まとめる事が大切です。

 

新型コロナウイルスの感染拡大により売上が落ちてしまった、だけでは
申請書の読み手側である審査員が「なぜ?」と疑問を持ちます。

 

例えば、
●感染拡大による外出自粛のため、歓送迎会、宴会などの予約が全てキャンセルとなり、
前年同月対比で60%以上の売り上げ減少
●外出自粛傾向が継続されているためか、5月以降も来店客が戻ってこない
●店舗周辺に新型コロナの感染者が出たとの報道があってから、来客がない時期が長く続いた
など、
具体的な理由が書かれていると、「なぜ?」が「なるほど!」になります。

 

 

 

4.影響を受け、どのように対応していきたいと考えていますか?

ここで記入する事は、簡単に言うと「やりたい事」です。

 

どのような経緯でやりたい事が思いついたのか、
やりたい事を実現させるために、必要なものがどのくらいあるのか、なぜそれが必要なのか
そういった事をまとめて記入する項目になります。

 

先程の項目でも説明しましたが、
なぜ、どうして、何で、など
具体的な理由が書かれていると、より分かりやすいです。

 

 

補助金のご相談やお問合せで電話を頂く事がありますが、
「こんな事がやりたいのですが、この補助金は使えますか?」
とご質問される方がほとんどです。

 

補助金の申請にチャレンジを検討している事業者様のほとんどは、
既にやりたい事が決まっている方が多いように感じます。

 

今回の補助金の申請書は、
ストーリー(流れ)が分かるようなフォーマットになっています。
ご自身の事業を見つめ直す ➡ 強み・弱みを見つめ直す ➡ 新型コロナによって受けた影響 ➡
受けた影響から、どんな事をしたいか

 

まずはご自身の言葉で、簡単に書き出してみましょう。

 


事業者様は、その道のプロです。

専門的な知識や日々の業務については、プロでないと分からない事ばかりです。
そして、
審査員の方たちが、全ての業種に詳しいとは限りません。
業界用語が当たり前のように書かれていると、分かりにくい申請書になってしまいます。

 

「第三者が申請書を見ても、分かる内容であるか」

 

私自身が話を聞き、申請書を作る上で大切だと感じた事です。

 

 

先ほども紹介した衛生対策を行う、『事業再開枠』は、
一般枠とは異なり、業種ごとの感染防止対策に係るガイドラインに準じているかがポイントとなっており、
一般枠よりも申請は難しくありません。

 

 

例えば
●アクリル板、透明ビニールシート、防護スクリーン、フェイスガードの購入
●非接触型体温計やサーモカメラの購入
●コイントレー、自動手指消毒器の購入 ・トイレの改修(和式から洋式に改修)
などが、事業再開枠に該当します。

 

要領は、コネクト22のHPにも掲載しています。
(コチラ → https://connect22.jp/info/20200819/2448/

 

事業再開枠の申請書のご相談も、お気軽にご相談下さい。


◆防府市地域産業促進事業補助金については
防府市のHPに掲載されています。
コチラ → https://www.city.hofu.yamaguchi.jp/site/coronavirus/tiikisangyoujigyouhihojo.html

 

 

 

 

 

 

コネクト22ホームページでは、セミナー情報や補助金・助成金情報発信中です。
また、経営に関する相談を受け付けています。是非お気軽にお越しください!

防府市中小企業サポートセンター(コネクト22)・相談予約

相談のご予約は、お電話かメール、申込フォームよりお気軽にご連絡ください! 相談は何度でも無料です。

電話 0835-25-2229
メール info@connect22.jp
@を半角文字に変更してください。
営業日 月曜日~金曜日
(休日:土曜・日曜・祝日・年末年始)
相談時間 10:00-18:00
住所 〒747-0034 山口県防府市天神1丁目1-1
※無料駐車場あり

まずは防府市中小企業サポートに相談
私たちが、ご相談にお応えします。

地域の中小企業者や創業を考える方をサポートします。
業種業態に関わらず、みなさんの思いを聞き実現に向けて寄り添った支援を行います。
相談は無料で秘密を厳守します。また、新たに、企業が必要とする補助金や制度等の情報を取りまとめ、分かりやすくタイムリーにみなさまにお伝えします。

電話番号 0835-25-2229

(月~金曜日)10:00~18:00

お問い合わせ

電話受付時間 10:00~18:00(月~金)

お問い合わせ 0835-25-2229

防府市中小企業サポートセンターCONNECT22(コネクト22)