fbpx

防府市中小企業サポートセンターCONNECT22(コネクト22)

NEWS

お知らせ

オンラインツールを活用する前に、知っておきたいデザインの基本  ~オンラインツールを活用した実践的デザインセミナー まとめ~

コネクト22・情報発信担当の岡村です。

 

 

コネクト22でミニセミナーを開催した翌日、
防府商工会議所にてセミナーが開催されました。

 

以前、コネクト22で開催され、大人気だった
「デザイン・ブランディング個別相談会」の講師、ウジ先生によるデザインセミナーです。

 

 

私自身、普段オンラインデザインツールの「Canva」を使用し、
YouTubeのサムネイル、ブログのサムネイル、Instagram用の画像を編集しているため、
日頃の活用方法を見直すことができたら、と思い、参加させていただきました。

 

視覚伝達の基本について、
視覚マーケティング、押さえておきたいレイアウトのポイントなどを基に
お話いただきました。

 

その中でも印象に残ったお話をご紹介していきます。

 

【今回のセミナーはオンラインで開催されました。】


●余白を制するものはデザインを制する

 

私自身、
動画や画像編集、ブログ記事、チラシ作成などで、
良いものを作りたい思いが先行してしまい、
文字などの情報を詰め込みすぎ、
「一体何を伝えたいのか分からない」現象に陥ることがあります。

 

この、「一体何を伝えたいのか分からない」現象について、
ウジ先生は
「ごちゃつき病」と命名されていましたが、まさしく!と深く頷いてしまいました。

 

こうして時間をかけ、悩み、出来上がったものは
「苦労して作った割に、誰の頭にも残らない」ことが多いのです。

 

では、どうしたら良いのか?

 

こちらの画像をご覧ください。


(引用元:Canva

 

左右の画像を見比べてみると、
記載されている情報に違いはないようですが、
左の方は余白が少なく、右の方は余白が多いため、ヘッドフォンがより目立つかと思います。

 

イラストや文字、枠、色を入れて余白を埋めてしまうより、
あえて余白を残すことで、必要な情報が目に飛び込みやすくなっています。

 

こうして、全体の空間を意識し、余白を活かすことを「余白の法則」と説明されていました。

 

 

どうしても情報を詰め込みすぎてしまう場合、
「このデザインを、誰に伝えたいのか」「誰のためのデザインなのか」
お客様(第三者)視点で見てみるといいかもしれません。

 

 

 

 

●フォントがイメージを左右する

 

突然ですが、好きなフォントはありますか?

 

明朝体が好きな方、ゴシック体が好きな方、好みは人それぞれかと思います。

 

フォントで何が変わるの? そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、とある画像を作成してみました。

(引用元:Google Fonts

 

画像にある4つのフォントは、有名ロゴに使用されているものです。
それぞれ、どのロゴで使用されているフォントか分かりますか?

 

左上から、

①Instagram
DEAN & DELUCA
ロールスロイス
YouTubeです。

 

①のInstagramは個性的な印象、
②のDEAN & DELUCAは都会的な印象、
③のロールスロイスはモダンでありながら柔らかな印象、
④のYouTubeは主張しすぎず誰もが見やすい印象を持ちます。

 

フォントひとつで、見る人に与えるイメージや世界観が変わってきます。

 

「何でもいい」でフォントを選んでいる方、
フォントを多用しすぎ、統一感のないものを作ってしまう方は、
まずは以下のことに気をつけてみてはいかがでしょうか?
・明朝体orゴシック体かを選択する
・全てのドキュメントを統一し、多用しない

 

そうすることで、統一性や誠実さを伝えることができます。

 

 

ロゴではありませんが、
大ヒット映画「君の名は。」のタイトルで使用されているのはA1明朝、
「タイタニック」などの有名洋画で多く使用されているのは、Trajan(トレイジャン)など、
フォントについて調べると、おもしろい発見ができます。

 

 

 

●色彩は哲学だ

 

突然ですが、問題です。
この色は、何のロゴに使われているか分かりますか?

 

この色

ヒント:とあるアプリのアイコン

 

こちらは、「LINE」のロゴカラーです。正解された方も多いかと思います。

 

LINEのように、「色」によってイメージされる企業は他にもあります。

 

サッカーチームや野球チームだと分かりやすいのではないでしょうか。
山口県にあるサッカーチーム「レノファ山口」は、クラブカラーがオレンジです。
野球だと、二軍本拠地が岩国市にある「広島東洋カープ」、こちらは赤×白が浮かびますね。

 

 

目立つために、たくさんの色をふんだんに使うわけではなく、
定着させるために同じ色を何度も使う、色の持つイメージと企業のイメージを結びつける、
こうした使い方を心掛けていけると、良いデザインができるといったお話もありました。

 

 

人は、情報の約90%を視覚から得ていると言われています。
その中には、色や形、イメージなどビジュアル表現も含まれます。

 

数字で見ると、たかが色、と侮れないですね。

 

 

 

 

余白、フォント、色彩など
要点について解説していきましたが、
「だけど、結局何をどのように作ったらいいの?」という声も聞こえてきそうです。

 

上記の要点をカバーでき、
なおかつ、初心者でも操作がしやすいツールとして今回のセミナーでは
オンラインデザインツール「Canva」が紹介されました。

 

InstagramやFacebook、チラシやロゴなどを簡単な操作で作ることができます。
また、無料のテンプレートも充実しているため、イメージに合ったものを選んで作ることが可能です。

 

ぜひ、お試しください。


オンラインでの開催でしたが、終了後もデザインに関する質問が飛び、
熱心な参加者が多かったことが分かるセミナーでした。

 

 

普段、Canvaを使用していく中で、
余白、色彩、フォントなどがテンプレート内で既に設定されているためか、
あまり細かいことを気にせず作成していたな、と見直すことができました。
後日、セミナーでお聞きしたことを意識しながら作成してみると、
今までよりバランスの取れたものができたように感じました。

 

 

セミナーで紹介された「Canva」以外にも、
Pixlr Editor」や「DesignWizard」など、類似のオンラインツールがいくつかありますので、
実際にいくつか試してみて、自分が使いやすいものを利用することも良いかもしれません。

 

 

今回お話いただいた内容は、
ウジ先生の書籍「これならわかる!人を動かすデザイン22の法則」の中でも取り上げられています。

 

ご興味のある方は、ぜひ、こちらもご参考にされてみてください。

 

 

 

 

 

コネクト22ホームページでは、セミナー情報や補助金・助成金情報発信中です。
また、経営に関する相談を受け付けています。是非お気軽にお越しください!

防府市中小企業サポートセンター(コネクト22)・相談予約

相談のご予約は、お電話かメール、申込フォームよりお気軽にご連絡ください! 相談は何度でも無料です。

電話 0835-25-2229
メール info@connect22.jp
@を半角文字に変更してください。
営業日 月曜日~金曜日
(休日:土曜・日曜・祝日・年末年始)
相談時間 10:00-18:00
住所 〒747-0034 山口県防府市天神1丁目1-1
※無料駐車場あり

まずは防府市中小企業サポートに相談
私たちが、ご相談にお応えします。

地域の中小企業者や創業を考える方をサポートします。
業種業態に関わらず、みなさんの思いを聞き実現に向けて寄り添った支援を行います。
相談は無料で秘密を厳守します。また、新たに、企業が必要とする補助金や制度等の情報を取りまとめ、分かりやすくタイムリーにみなさまにお伝えします。

電話番号 0835-25-2229

(月~金曜日)10:00~18:00

電話受付時間 10:00~18:00(月~金)

お問い合わせ 0835-25-2229

防府市中小企業サポートセンターCONNECT22(コネクト22)