fbpx

防府市中小企業サポートセンターCONNECT22(コネクト22)

NEWS

お知らせ

急増するSNSの「なりすまし」被害や「乗っ取り」の対処法

コネクト22・情報発信担当の岡村です。

 

 

最近、Instagramを操作していると、
既に相互フォローのアカウントからフォローの通知が来ているということが何度かありました。
あれ?と思い、フォロー先のアカウントを覗いてみると、
非公開アカウントのためフォローしないと投稿内容が確認できないようになっていました。

 

皆さんの中にも、同様の経験をされた方はいらっしゃいませんか?

 

 

昨年の12月より、
法人のインスタグラムアカウントのなりすましに関する注意喚起が相次いて行われています。
なりすましアカウント(偽アカウント)は、
ユーザーネーム・文章・投稿内容を酷似させているため、
一瞬気付かない場合があります。
なりすましアカウントから送信されたDM(ダイレクトメッセージ)に記載された
URLをクリックしてしまうと、
受信者側の情報や個人情報が発信者に取得され、
悪用される可能性あるため、注意が必要です。

 

事業者様の中にも、SNSを運用されている方が多くいらっしゃいますので
なりすましアカウントの他に、実際にあったSNSトラブルをまとめてみました。

 

 

SNSをより安全に運用していくため、お役に立てていただけると幸せます。

 


●なりすましアカウントの対処法

 

先程も簡単にご説明しましたが、
なりすましアカウントは、ユーザーネーム・文章・投稿内容を酷似させており、
本物のアカウントであるかのように装っています。
なりすましアカウントから送信されたDM(ダイレクトメッセージ)に記載された
URLをクリックしてしまうと、
受信者側の情報や個人情報が発信者に取得され、
悪用される可能性あるため、注意が必要です。

また、「あなたは当選しました」等と記載したDMを送り、
個人情報を聞き出そうとしてきます。

 

主な対策は3つあります。

①偽アカウントのプロフィールに掲載されているURLやDMに記載されたURLには、
絶対にアクセスをしない。

②クレジットカードの番号や住所、電話番号などの個人情報などを入力しない。

③万一気づかずフォローを返してしまった場合は、直ちにフォローを外し、ブロックをする

 

≪なりすましアカウントを作られてしまったら・・・≫
「既になりすましアカウント作られてしまった!」
という事業者様も少なくはありません。
山口県内の事業者様だけでも数件被害が出ている模様です。
なりすましアカウントを発見した場合、まず行うべきなのは“報告”です。

◆Instagramの場合 ➡ https://www.facebook.com/help/instagram/789331971130837

◆twitterの場合 ➡ https://help.twitter.com/ja/safety-and-security/report-twitter-impersonation

 

報告をしても審査が完了するまでの間、該当アカウントの削除まで時間がかかります。
なりすましアカウントが削除されるまでの間、
偽アカウントが発生していることをフォロワーに注意喚起しましょう。
自社のSNSアカウントやホームページなど幅広い面で伝えることが必要です。

 

アカウントのユーザー層に合った方法を選び、なりすましアカウントへの注意を促しましょう。

 

【画像をクリックすると、PDFが開きます】

 

サーモス株式会社がこのようにホームページ内で注意喚起を掲載しています。
Instagram内にも同様に注意喚起を掲載すると良さそうです。

 

 

 

●アカウントを乗っ取られた!

 

芸能人やスポーツ選手のInstagramを見ていると、
「アカウントを乗っ取られた!」といった投稿を目にする機会もあります。

 

以前、パフィーの亜美さん
「乗っ取られたアカウントを取り返した!」という投稿をされていましたね。

【ニュースにも取り上げられ、話題になりました】

 

自分のアカウントは大丈夫?
もし乗っ取られたらどうすればいい?
こうした不安を解消しておかないことには、
安心してInstagramを楽しむことができない世の中になってしまいました。

 

Instagramの乗っ取りの手口は、それほど特別なものではありません。
ログインにはユーザー名とパスワードが必要ですが、
これらの情報を不正に入手した第三者が他人のアカウントに勝手にログインすると
事実上Instagramで行えることは全てできてしまうため、これを「乗っ取り」といいます。

 

ユーザー名についてはInstagramの表示画面に出ているので、
パスワードを特定されなければ乗っ取られる可能性は低いのですが、

・推測しやすい文字列 (例:a123456など)

・単純な文字列(例:aiueo123など)

・ユーザー名と関連のあるような文字列

こちらを使用していると、パスワードを特定されてしまう可能性があります。

 

アカウントを乗っ取られてしまうと、
覚えのない写真が投稿される、海外のフォロワーが突然増える、
今まで投稿していた写真がすべて削除されている、
アカウントにログインできなくなった等の事例が報告されています。

 

もし、乗っ取られてしまった場合、
ログインできる場合とできなくなった場合とで対応が変わってきます。

 

≪ログインできる場合≫

自分が使っているパスワードでログインできる場合は、
直ちにパスワードの変更をしてください。

 

≪ログインできなくなった場合≫

正しいパスワードを入力しているのにログインできないということは、
乗っ取り犯によってパスワードがすでに変更されている可能性があるため、
パスワードのリセットを使って復旧を試みます。
パスワードをリセットする際には、事前に登録していたメールアドレスを使用します。
メールアドレスまで変更されており、
パスワードをリセットすることができない場合は運営に通報する必要があります。

 

Instagramのヘルプセンターをご覧いただくと、対応について詳しく記載されています。

 

 

こうした乗っ取りを防ぐ対策として、

・複雑なパスワードを設定

・定期的にパスワードを変更する

・二段階認証を活用する

・他のSNSアカウントと連携しない

ことがオススメされています。

 


SNSは非常に便利で、
フォロワー(ファンやお客様)とのコミュニケーションを強化できる優れたツールですが、
こういった悪質なアカウントが判別できないという欠点もあります。

 

自分のアカウントや大切なフォロワー(ファンやお客様)を守っていくためにも、
できる対策をしっかりと行っていきましょう。

 

 

 

 

 

コネクト22ホームページでは、セミナー情報や補助金・助成金情報発信中です。
また、経営に関する相談を受け付けています。是非お気軽にお越しください!

防府市中小企業サポートセンター(コネクト22)・相談予約

相談のご予約は、お電話かメール、申込フォームよりお気軽にご連絡ください! 相談は何度でも無料です。

電話 0835-25-2229
メール info@connect22.jp
@を半角文字に変更してください。
営業日 月曜日~金曜日
(休日:土曜・日曜・祝日・年末年始)
相談時間 10:00-18:00
住所 〒747-0034 山口県防府市天神1丁目1-1
※無料駐車場あり

まずは防府市中小企業サポートに相談
私たちが、ご相談にお応えします。

地域の中小企業者や創業を考える方をサポートします。
業種業態に関わらず、みなさんの思いを聞き実現に向けて寄り添った支援を行います。
相談は無料で秘密を厳守します。また、新たに、企業が必要とする補助金や制度等の情報を取りまとめ、分かりやすくタイムリーにみなさまにお伝えします。

電話番号 0835-25-2229

(月~金曜日)10:00~18:00

電話受付時間 10:00~18:00(月~金)

お問い合わせ 0835-25-2229

防府市中小企業サポートセンターCONNECT22(コネクト22)